屋根のコケ

屋根のコケ

防水効果が低下すると雨水や湿気によりコケが発生します。 放置すると屋根自体の耐久性を著しく低下させ、雨漏り等の原因となります。

チョーキング

チョーキング

壁に触ってみて下さい。手に白い粉の様なものが付いた場合は塗料の防水効果が低下してきています。 そのまま放置するとヒビ割れ、反り返る原因にもなります。

ひび割れ

ひび割れ

外壁のヒビ割れ(クラック)を放っておくと内部に水が入り、腐食の原因となります。

塗膜の剥離

塗膜の剥離

塗膜がはがれ落ちた状態です。雨水が直接下地と接触する事になり、劣化を促進します。 早急な補修をお勧めします。

塀のコケ・カビ

塀のコケ・カビ

防水効果が低下すると雨水や湿気が入りやすくなり、 カビ・コケが発生し外壁の腐食の原因となります。

ジュラク壁のカビ

ジュラク壁のカビ

ジュラク壁にカビが発生しています。塗り替えをお勧めします。

目地(コーキングの亀裂)

目地(コーキングの亀裂)

外壁の目地(つなぎ目の線)には水が入らない様にコーキング材を埋め込んでありますが、 古くなると亀裂が生じます。 防水効果が落ちてきていますので内部に水が入り腐食の原因となります。

この様な症状のまま放置すると雨漏り・腐食等の原因となります。塗り替えを考えられたらいかがでしょうか?